環境関連資格 / 検定

環境サイトアセッサー

環境サイトアセッサー資格登録更新についてのお知らせ

H18 SA47 2007年1月22日

環境サイトアセッサー資格登録については、3年ごとの更新となっておりますが、この度、その登録更新についてSA100の資格基準、SA200の登録手順を見直し、登録更新のための手引きを新たに作成しましたので以下にお知らせします。

従来、3年ごとの登録更新の要件として環境サイトアセッサー資格更新リフレッシュ講習を受講し、その受講証明書を更新申請書に添付することとなっていました。しかし、資格登録の方のお住まいが全国に広がっているため、1日程度のリフレッシュ講習に遠方よりおいでいただく時間、費用のロスなどが大きいと判断しました。そこで、各地で開催されている土壌汚染講演会、セミナーなどに出席し自己研鑽を積んでいただき、その結果を報告していただくリフレッシュ研修にスタイルを改めました。

リフレッシュ研修は、土壌汚染に関する科学的アプローチ、対策技術、動向、法律、リスクマネジメント等に関する知識習得のための講習会、講演会、研修会等の聴講又は出講とし、更新申請日より2年以内に、合計6時間以上の聴講、出講が必要です。
また、この6時間の50%までは、a) 環境サイトアセスメントの実施並びに土壌調査・対策の実施及び又は管理、b) 土壌汚染に関する科学的アプローチ、対策技術、動向、法律、リスクマネジメント等に関する知識の習得のための個人学習で代替することが可能です。
登録更新申請の際、リフレッシュ研修報告書にこれら研修の記録を記入し、更新申請書と共に研修証明資料を添えご提出いただきます。
登録更新申請のご案内は、改めて各位の登録期限6ケ月前に、弊評価登録室より更新申請用紙一式を添えてメール又は郵送させていただきますのでよろしくお願いします。

上記詳細については、弊協会のホームページhttp://www.jemai.or.jpの環境サイトアセッサーセクション「環境サイトアセッサー資格基準・登録手順」に掲載する「SAG102環境サイトアセッサー登録更新申請の手引」をご覧下さい。

以上

PAGETOP