環境関連資格 / 検定

EMS(環境マネジメントシステム)審査員

Q8.全般業務経験及び環境業務経験について

A8. 全般業務経験及び環境業務経験(ADF1207)
… 8.1 全般業務経験とは?

詳細は「環境マネジメントシステム審査員評価登録申請の手引(AEF1101)」5.4項を参照していただく必要がありますが、審査員補への登録には、技術的、管理的又は専門的立場での業務経験として7年(高卒以上は4年)以上必要です。

… 8.2 環境業務経験とは?

全般業務経験の業務経験のうち、2年以上は公害・環境又は環境マネジメント分野に関する業務経験が必要です。ただし、この業務経験は申請日を遡さかのぼる10年以内であることが必要です。詳細は「環境マネジメントシステム審査員評価登録申請の手引(AEF1101)」 5.4項3)号を参照してください。

… 8.3 「全般及び環境の業務経験申告表(ADF1207)」の証明者の要件は?

「全般及び環境の業務経験の申告表(ADF1207)」に署名又は記名・押印をお願いしている証明者は、申請者の記述内容についての問合せに回答できる、第3者(個人)であることが必要で、申請者自身の証明では申請は有効になりません。
会社等の場合、基本的には職場上司、同僚等になります。ただし、現在証明していただける適任者が異動・退職等でいない場合は人事部門の方でもかまいません。また、複数の会社・団体の経験の場合は、各々の会社・団体当時の上司・同僚から証明してもらいます。その証明者は必ずしも現役でなくても結構です。個人事業者の場合は問合せに回答できる同業者、顧客等の適任者から証明を得ることもできますが、詳細は「環境マネジメントシステム審査員評価登録申請の手引(AEF1101)」5.4項を参照ください。いずれの場合も、申請者との関係欄に、当時の関係を具体的に記述してください。

PAGETOP