化学物質管理

化学物質のリスクアセスメント。
労働安全衛生法に係る全ての事業者に対応が求められます。


安衛法では、化学物質のリスクアセスメントが義務化されています。
一定のリスクのある化学物質を
取り扱う場合、企業規模に関係なく対応が求められます。

安衛法のリスクアセスメントをきちんと実施していないと、労基から是正勧告を受けます。


 


次のようなことでお悩みではありませんか?

 

①リスクアセスメントに必要な情報の種類、情報源がわからない

どのような情報が必要か、どこにそれがあるのか、自社の対象物質の選定はあっているのか、SDSに記載されているどの情報が必要かをわかりやすく解説しています。

 

②リスクアセスメントの進め方がわからない

数ある実施方法の中で、貴社に適切な方法はどれでしょう。マトリクス法、コントロールバンディング、ECETOC TRA・・・。それぞれどのような利点・欠点があるのか等、一つ一つ特徴を解説します。

③どこに相談していいかわからない

当協会は行政機関ではありません。民間出身の専門スタッフが貴社のご相談を承ります。セミナーでは聞きにくいことも窓口相談で対応します。実際にすることも含め、貴社のリスクアセスメントをご支援します。

 

 コンプリートキット「実践 リスクアセスメント」を販売しています。

 

当協会では、自社でリスクアセスメントを実施するために必要なノウハウと支援ツールがセットになった教材「実践 リスクアセスメント 」を販売しています。この教材では、当協会のセミナーで使っている「講演資料」と、リスクアセスメントの進め方を記した「リスクアセスメント実施マニュアル」を提供しています。

 

〇「講演資料」

 当協会のセミナーで使っている講演資料に、講師の話が文章化されたテキストのついたパワーポイントの資料です。ご自分のペースで学習や実務を進めていただけます。


 

 

〇「リスクアセスメント実施マニュアル」

労働安全衛生法におけるリスクアセスメントの概要、進め方を解説しているほか、対象物質とされる物質群について、個々の化学物質にまで展開した4000物質超の物質リストと化管法や毒劇法の対象物質との比較表も掲載された、他に類を見ないマニュアルです。なお、ご希望があれば、ご購入者の付録として、リスクアセスメントに必要な報告書を含む各種様式やECETOC TRAをベースにリスクアセスメントを行うための日本語支援ツール「TRA Link」を無料で提供します。



リスクアセスメント実施マニュアル(イメージ)






支援ツール TRALink(イメージ)




世の中で何か起こってから対策を始めても間に合いません。平常時こそ、管理体制を見直すチャンスです。
是非、ご購入を検討ください。

 〇料金

基本料金:19,440円(税込)
会員料金:16,200円(税込)
(会員はCATCHER、産環協のいずれかの方)


<<<教材のお申し込みはこちらから>>>

 



<お問い合わせ先>

一般社団法人産業環境管理協会 国際化学物質管理支援センター

chemicals@jemai.or.jp


PAGETOP