LCA

参加型LCA研修

LCA応用コース

 LCAに関わる最新の国際動向の解説など、LCAの応用編となる特別企画を不定期で行っています。LCA手法の基礎知識の説明等は省略していますので、受講の際はご留意ください。

■ 最新情報 ■ 2015 10 8日(木)開催>

■□■   JEMAI-LCA研修:応用コース<国際動向>   ■□■

— 米国のLCA活用に関する最新動向 —
 

 LCAの算定結果は、サプライチェーン全体での環境負荷の削減、高度な環境配慮型製品の開発、BtoBBtoCコミュニケーションなど欧米を中心に様々な場面で活用が進んできました。近年は、ISO規格に準拠した第三者認証型のタイプIII環境ラベル(EPD)を活用してLCAによる評価結果を定量的に情報開示する需要が増え、特に米国ではLCAEPD活用に関する法規制の整備や民間セクターでの活動が増えています。また、2014年に新規提案されたISO/TS14027PCR開発)では、米国発行の「PCR策定ガイダンス」が取り込まれるなど、LCAにおける国際動向の全体像を理解するためには、米国での動向を把握していく重要度が増しています。

 この国際動向セミナーでは、日本企業への影響も懸念される米国でのLCAEDP活用の最新動向を、官民の主要組織の活動と相関関係に焦点を当てながらご紹介いたします。皆様のご参加をお待ちしております。


<キーワード>

米国における政策活用 / 米国のグリーン公共調達 / 定量的情報開示 / EPD / タイプIII環境ラベル / カーボンフットプリント(CFP) / LEED でのLCA手法の取組 / EPEAT 

<紹介団体の例>

アメリカ合衆国環境保護庁(USEPA / 米国グリーンビルディング協会(USGBC)LEED運営組織) / グリーン・エレクトロニクス・カウンシル(GEC)EPEAT 運営組織) / NSFPCRや様々な基準の作成を行う組織。独自のタイプⅢラベルも運営) / IERE(米国初のEPDプログラム運営団体)等


LCAEPDを活用した米国のイニシアチブの例>

EPEAT
電子機器製品の環境評価制度である米国のEPEATは米国のグリーン公共調達で大きく活用されており、LCAやタイプⅢ環境ラベル(日本ではエコリーフ)取得がEPEAT登録時の加点ポイントとして扱われています。EPEATによる米国での製品評価は、現在日本の複合機メーカーが積極的に取り組んでいる状況です。

LEED
建築物の環境認証制度であるLEEDにおいては、最新の改定版の中でLCAEPDの取り組みが評価され、エコリーフも該当プログラムとして文書上で紹介されています。東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、LEEDへの取組も国内外から注目を浴びています。

<プログラム>(予定)

13:3013:40      米国の動向とIEREの見解
13:4014:00      電子製品の環境影響評価システムEPEATLCAEPDの導入
14:0014:20      LEEDグリーンビルディング認証にLCAEPD視点が導入された背景
14:2014:40      環境保護庁と様々なイニシアティブの関係
14:4015:00      NSFの活動と役割、環境保護庁やEPEATとの関係
15:0015:10      ISOの関連規格動向
15:1015:30      質疑応答

 

【開催概要】

 開催日時: 2015 108日(木)13301530
 開催場所: 一般社団法人産業環境管理協会 6F AB会議室 
    住所: 東京都千代田区鍛冶町2-2-1 三井住友銀行神田駅前ビル(神田駅)地図

 参加費:      産業環境管理協会会員    8,640円(税込)
           LCA日本フォーラム会員     10,800円(税込)
           一般                            12,960円(税込)
           ※配布資料あり
           ※支払方法 : 参加申込後、御請求書を送付します。





□ 開催実績  

◆ 2014/5/26  LCA国際動向:政策・産業界によるLCAの活用最新状況

LCAの算定結果は、サプライチェーンの中でのBtBコミュニケーションや、消費者等とのBtCコミュニケーションなど、様々な場面で活用されています。また、欧州委員会による環境フットプリントなど、新たな取り組みも行われています。そこで、本セミナーでは主に欧米におけるLCA結果のコミュニケーションの現状についてご紹介します。
<キーワード>
欧州各国・米国における政策活用/欧米企業におけるコミュニケーション例 / 定量的環境情報開示(EPD)
カーボンフットプリント(CFP) /
CO2以外の環境側面(水資源枯渇など)/サステナビリティ評価 / ホットスポット分析/削減主張

◆ 2013/5/30
 
欧州委員会環境フットプリントの算定ガイドをよむpdf

欧州委員会は2013年4月に環境フットプリントの算定ガイドを公開しました。本年からは算定・コミュニケーションについて数年間に渡る各種パイロットテストが始まる予定となっており、同制度の将来的な活用のされ方についての動向が注目されています。この算定ガイドは組織と製品を対象にしており、それぞれ約150ページもあります。
そこで、本企画では公開された算定ガイドを読み解き、一般的なLCA方法論との相違点や、欧州市場に関係する日本企業にとって実務上想定される課題などを解説します。

PAGETOP