環境関連資格 / 検定

LCAエキスパート検定試験とは

LCA(ライフサイクルアセスメント)は、製品のライフサイクルにおける投入資源、環境負荷及びそれらによる地球や生態系への環境影響を定量的に評価する方法として、また事業者間、消費者向けなど外部への情報開示ツールとして海外も含めて急速にその活用の途が拡大してきています。特に欧州環境フットプリントや米国のScope3など、LCAを活用した環境情報開示に関する動向が目まぐるしい状況です。
このような状況下で、LCA実施者がその専門性、技量等において一定の力量を有しているかどうかを評価し、LCA実務者として認定することを目的に、日本LCA学会と一般社団法人産業環境管理協会の共催でLCAエキスパート検定試験を実施しています。

検定試験の魅力

LCAexpert card

試験問題例

例題1

【設問】

次の中でLCAの手法に関して記述がされている国際規格(ISO)のシリーズはどれか、答えなさい。

【解答の選択肢(5択)】

(1)
14010シリーズ
(2)
14020シリーズ
(3)
14030シリーズ
(4)
14040シリーズ
(5)
14050シリーズ

【設問の解答(5択)】

正解番号 : 4

例題2

【過去問題】

ある製品Cの製造に関連するインベントリとして以下のプロセスデータを得た。プロセスA,B,Cはそれぞれ製品A,B,Cを製造するプロセスである。なお、資源a, b, cの採掘と輸送にかかる環境負荷[CO2eq]は全て下記工程データ表の出力[CO2eq]に含まれているものとする。

  プロセス A B C
入力 製品A [個] 0 4 6
製品B [個] 0 0 8
製品C [個] 0 0 0
資源a [kg] 4.8 0 0
資源b [kg] 0 2.4 0
資源c [kg] 0 0 1.2
電力 [kWh] 24 12 70
出力 製品 [個] 3 4 1
温室効果ガス [kg-CO2eq] 3 20 20

【設問】

製品Cを1個製造するための総電力消費量を積み上げ計算によって求めたとき、適切なものはどれか。

【解答の選択肢(5択)】

(1)
106 kWh
(2)
18 kWh
(3)
142 kWh
(4)
158 kWh
(5)
206 kWh

【設問の解答(5択)】

正解番号 : 5

【正答率】

24.6%

回答分布

【例題の解説】

有資格者一覧

LCAエキスパート検定試験は第5回まで実施しており、計112名の合格者がいます。
希望者のみ氏名・連絡先等の情報を公開しております。⇒  こちらpdf

試験の概要及びお申込み方法

試験の概要、お申込み方法はこちら

お問い合わせ先

LCAエキスパート検定試験事務局
一般社団法人産業環境管理協会 LCA事業推進センター内
担当:神崎、柴原
E-Mail:lca-kentei(a)jemai.or.jp ※(a)を@に替えてください
Tel:03-5209-7708

PAGETOP