環境関連資格 / 検定

環境サイトアセッサー

環境サイトアセッサー技能認定講習について

講習の主旨

近年、土壌汚染問題が様々な場面で顕在化し、企業経営に深刻な影響を及ぼす新たな環境課題としてクローズアップされております。これら土壌汚染問題を解決するためには、企業が自主的に土壌環境を管理する体制を確立していくことが必須と考えられます。

2010年4月より改正土壌汚染対策法が施行され、工場跡地等の活用、自主管理などについて、具体的な指針が示され、企業にとって土壌・地下水汚染リスクの管理がますます重要になっています。

当協会では、2004年4月から土壌・地下水環境を管理できる人材の育成を目的として、JIS Q 14015(ISO14015)(用地及び組織の環境アセスメント)に依拠した資格基準に基づく環境サイトアセッサー評価登録制度を運用して参りました。この制度は、環境サイトアセッサーの技能認定講習と資格の登録から成り、今回ご案内の技能認定講習は、環境サイトアセッサーに必要なフェーズ I 調査(初期評価:ISO14015)とリスクコミュニケーションの知識と技能の修得を目的としております。また、本事業は、「環境保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律」に基づき、環境省人材育成・認定事業として登録されています。

本技能認定講習では、当協会編集テキスト「環境サイトアセスメント 土壌汚染調査・対策の実務と法規」を使用し、土壌・地下水汚染や環境サイトアセスメントに関する一線級の講師陣が、実務に重点を置いたわかりやすい講義を行います。

企業の環境担当の方はもとより、土壌・地下水汚染調査に係り基本的な知識を身に付けたい方にも受講をお勧めします

なお、本技能認定講習の受講とその修了試験合格(合格証の有効期限は3年)は、環境サイトアセッサー資格申請要件となっています。

環境サイトアセッサー資格登録の仕組み

環境サイトアセッサー資格登録の仕組み

(注)
JEMAI SA100「環境サイトアセッサーの資格基準」pdf
JEMAI SA200「環境サイトアセッサーの登録手順」pdf
環境サイトアセッサー技能認定講習実施要領
(1)
日時
(2)
講習内容
(3)
修了試験
試験区分 講習内容 設問 正答数 最低正答率
分野I 土壌・地下水汚染概論 環境地質概論 土壌汚染対策法概論 同法と関連条例に基づく調査・対策の運用 土壌・地下水の調査技術総論 土壌・地下水地下水汚染対策技術総論 15問 9問以上 60%
分野II 環境マネジメントシステム基礎概念 環境サイトアセスメント総論と実務 土壌・地下水汚染リスクマネジメント・リスクコミュニケーション 10問 6問以上 60%
全体 合計 25問 17問以上 68%

※ 合格の条件:全体の正答率が68%以上であること。さらに、分野 I 及び分野 II の正答率がいずれも60%以上であること。

(4)
受講料
52,365円(全テキスト代、消費税含む)
注:テキストについては(8)項を参照
(5)
申込みの際の注意
環境サイトアセッサー資格取得の上で本技術認定講習の受講・修了試験の合格は必須条件ですが、資格の取得には、さらに環境業務経験なども必須条件として加わります。環境サイトアセッサーの資格を取得したい方は、「環境サイトアセッサー資格基準(SA100)」及び「環境サイトアセッサー評価登録申請の手引(SAG101)」をよく読み、資格要件をよくご理解の上、お申込みくださるようお願いします。
(6)
お申込み方法・お申込み先
申込書はホームページ「お知らせ」に掲載の、募集中の技能認定講習の案内をご参照下さい。
申込書に必要事項を記入し、申込み先にファクシミリでお送りください。
(8)
テキスト
1.「環境サイトアセスメント 土壌汚染調査・対策の実務と法規」
一般社団法人 産業環境管理協会 環境サイトアセッサー評価登録室 編集(市販していません)

テキストは、講習当日会場でお渡ししていますが、事前に準備して予習しておくことを勧めています。申込時に希望されれば、送料受取人払いで事前送付を受付けています。

表1 環境サイトアセッサー技能認定講習内容

本講習は、多岐にわたる用地個々のケースについての履歴・汚染状況を把握するプロセスを、JIS Q 14015(ISO14015)(フェーズ I 調査に関する規格)に則り実施し、かつ適切なリスクマネジメントとリスクコミュニケーションの実施を支援できる知識と実施技能についての修得を目的に行うもので、講習の概要は以下の通りです。

(1)
講習会の期間は3日間
(2)
年に2~3回程度開催を予定

カリキュラムの概要

PAGETOP